三井住友銀行カードローンは銀行カードローンの低金利年4.0%~14.5%に加え、消費者金融の審査・融資スピードにも負けない最短30分の即日審査、即日融資に対応している非の打ちどころのないカードローンです。 他にもメリットがあります。

  • 口座不要で申し込み可能
  • 収入証明書300万まで不要
  • 手数料無料の連携ATMが他行より多い
  • おまとめ・借り換えOK

と三井住友銀行カードローンは多くのメリットがありますが、審査に通過しないと利用出来ません。ここからは気になる審査について解説していきます。

三井住友銀行カードローンの審査について

まず先に言ってしまうと主に審査を行う会社は保証会社の「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」です。

これは申し込みを行う際、「お申込にあたって」の保証会社名の欄で確認出来ます。

三井住友銀行カードローンの申し込み画面の画像

このSMBCコンシューマーファイナンス株式会社はサービスブランド名の「プロミス」でご存知かと思います。今現在ご利用中の方もいらっしゃるでしょう。

下の画像はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社のホームページでしっかりと「当社のサービスブランド名」のところにプロミスとあります。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社のHPの画像

最近の銀行カードローンの審査スピードが早くなったのも審査・保証業務を外部と連携することで対応できるようになってきました。

保証ということはあなたが万が一返済出来なくなった場合に代わりに三井住友銀行側にSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が支払うということです。

ですのでSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の審査を通過しなければいけませんが、ここで注意点が1つ!

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社関連のローンを今現在ご利用中の場合、また支払い延滞した過去がある方は審査通過が若干厳しくなります。

当然と言えば当然ですが、今現在他商品のローンを利用してる場合は借金を抱えているということですので審査で不利になります。SMBCコンシューマーファイナンス株式会社関連のローンをご利用の場合、支払い状況は筒抜けです。

「おまとめ・借り換えOK」をうたってますのでキチンと支払いをしていればそこまで影響はないですが、気になる場合、また支払い状況が芳しくない場合は今借り入れしているローンの保証でかぶらない会社の商品を選ぶ方が審査に通りやすかったりもします。

あなたの支払い状況、今契約しているローン情報、残債はあといくらあるのかなどは個人信用情報機関で共有されており銀行・消費者金融・クレジットカード会社などいつでもチェックできるようになってます。

日本には個人信用情報機関は3つあり、

  • CIC
  • JICC
  • 全国銀行協会
が存在します。

日本にある銀行、消費者金融、クレジットカード会社、信販会社、携帯電話会社などは必ずこのどこかに加盟しています。

個人信用情報機関の関連性の画像

支払い状況に関しては5年間過去の情報がしっかり残っています。1、2回の延滞ならまだしも5年以内に頻繁に延滞を繰り返している場合はどの会社のローンも審査はかなり厳しいものになります。

5年経ったら情報が消えるから大丈夫でしょ!?と思われている方が居るかもしれませんが、それは安易な考えです。ローンを扱う会社は過去支払いに問題があった方の情報は当然社内で保有してます。いわゆる社内ブラックというものです。

具体的な例をあげると過去にプロミスを利用してました。ただ頻繁にプロミスの支払いの延滞をしてたとすると…そんな方が三井住友銀行カードローンの審査に通るわけがないのです。

どうしてか!?それは審査・保証を行うのが「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」だからです。

社内ブラックになってる可能性があるからですね。わかって頂けたでしょうか?

特に支払いで延滞がない、今回初めてカードローンの利用を考えているという方は特に気にする必要はありません。

ただお金を借りるわけですから、当然貸した後のお金が入ってくるのか「返済能力」をチェックされます。そこで目安となるのがあなたの年収や勤続年数などの属性情報です。

属性とスコアリングについて

属性とスコアリングの画像

カードローンを申し込みの際は様々な項目を入力していきます。

三井住友銀行カードローンの場合、属性として主に

  • 生年月日(西暦)
  • 家族構成
  • 当行とのお取引の有無
  • お住まいの種類
  • 携帯電話・PHS番号
  • お勤め先住所
  • お勤め先の社員数
  • お勤めの形態
  • 入社年月
  • 年収
  • 保険証種別

上記の項目が主に審査でのチェック項目となります。これらの属性情報をスコアリング(点数化)して審査通過の合否の目安としています。

生年月日(西暦)

働き盛りの20代後半から50代前半までが評価が高くなります。

家族構成

家族と同居・別居に関しては同居している方が評価が高くなります。同居していると家賃・生活費の負担など少なくなりますし、同居しているということで万が一の場合もご家族と連絡が取りやすいということも評価に繋がります。お子様がいらっしゃる場合は何かとお金が掛かりますのでそれほど評価には繋がりません。

当行とのお取引の有無

三井住友銀行を給与振り込み先、また公共料金の引き落としなどとしてご利用ある場合は当然お得意様ですので評価に繋がります。またお金の流れも把握してますので審査しやすいのも理由の一つとなります。普段ATMをご利用の際にカードローンの案内をよくご覧になられている方もいらっしゃることでしょう。

お住まいの種類

月収に対し月々家賃や住宅ローンにいくらほど支払っているのかをチェックします。持ち家でローン完済済みなら財産としても残りますので当然評価が高いです。逆に賃貸マンション・借家などの場合はいつでも逃げられる状況であるので点数としては低く評価されます。

携帯電話・PHS番号

今や誰もがお持ちの携帯・スマホですが、連絡先以外で1つ触れておかなければならないことがあります。審査の際、「個人信用情報機関」に触れましたが、携帯電話会社各社も個人信用情報機関に登録しています。

どうして携帯電話会社各社が個人信用情報機関を利用しているかというと、携帯電話・スマホで新機種を一括支払いではなく割賦契約として月々の支払いに上乗せして分割で支払う場合、これはクレジット契約となるからです。

新機種にしたいけど割賦(分割)購入の審査で通らなかったなんて経験のある方はいませんか? そういった方の原因は携帯会社とは全然関係ないカードローンやクレジットカードの支払い延滞が原因だったりします。

当然逆パターンもあるということです。分割購入している場合で携帯料金の支払いが滞っていたりすると個人信用情報機関に支払いの延滞情報がしっかり記録されSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に見られてしまいます。

お勤め先住所・お勤め先の社員数・お勤めの形態

これらは収入の安定性にかかわります。契約・派遣社員、パート・アルバイト、自営業者の方に比べ倒産の心配がない公務員、大手企業の会社員の方は高評価に繋がります。

入社年月

これは勤続年数に繋がります。勤続年数が長いということは収入の安定にダイレクトに関わりますので当然評価されます。

正社員の方は1年以上から評価に繋がります。アルバイト・パートの方などは最低でも6か月以上はお勤めがあると良いでしょう。

年収

これは説明するまでもなく高い方が評価に繋がります。

保険証種別

保険の種類で職種やおおよその年収や安定など目安・判断材料になるので重要な項目です。

  • 社会保険証 (全国健康保険協会の保険)
  • 共済組合保険証 (公務員の方等の保険、または企業保険組合の方等の保険)
  • 国民健康保険証 (個人事業主、学生の方等の保険)
  • 船員保険証 (船員の方等の保険)

とありますが、共済組合保険証 (公務員の方等の保険、または企業保険組合の方等の保険)が一番評価されます。

以上属性について説明してきましたが、評価が高くなるようにと虚偽の申告をしてはいけません。必ずバレますので注意しましょう。

最短の申し込み方法

最短の申し込み方法の画像

一番短時間で融資までたどり着く方法は直接ローン契約機へ行く方法です。ただ審査がありますのでその間数十分待たされます。ですのでネットから申し込みを行い審査通過後にローン契約機へ行き直接カードを受け取る方法が一番賢いです。

ネットから申し込みを行えば無駄な時間を要することもありませんのでとても便利です。またネットからの申し込みの場合も、直接ローン契約機へ行く方法とそれほど時間は変わりません。 三井住友銀行カードローンは限度額に限らず大抵の場合は当日中に審査結果を出すように努力をしています。

銀行時間外・土日の審査と融資について

ローン契約機の画像

銀行時間外の15時以降、また土日や祝祭日の審査についてですが、審査に関しては原則平日・土日・祝祭日関係なく9:00~21:00まで対応しています。

三井住友銀行カードローンとよく比較されるバンクイックの審査受付時間は平日の場合9:00~20:00、土・祝日が10:00~18:00、日曜日が10:00~17:00ですので受付時間が長いのはとても助かりますね。

21時までに審査を申し込みを済ませればローン契約機でカード発行後は三井住友銀行のATMのほか、イーネットATM・ローソンATM・セブン銀行ATM・ゆうちょATMは時間外でも手数料無料で、提携金融機関のATMでは時間外利用手数料が付いてしまいますが借り入れ出来ます。

審査は最短で30分ですが1,2時間くらい余裕をみて出来るだけ早めに申し込みをしておいた方が良いでしょう。日曜日に関してはローン契約機が設置されてるATMコーナーの場所によってはシャッターが閉まってしまうため20時までと考えておきましょう。

※カードローン口座のみご契約のお客さまは、インターネットバンキング・モバイルバンキング・テレホンバンキング(SMBCダイレクト)をご契約いただくことはできません。

返済について

三井住友銀行カードローンに限らずどのカードローンも基本的に借りた金額に応じて月々の返済額は高くなります。ただ三井住友銀行カードローンに関して1つ特徴的な部分があります。それは借入金額が50万以下の場合、月々の返済金額10,000円に固定されてる点です。

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合、借入残高が10万円以下で返済額が2,000円、借入残高が10万円増すごとに2,000円ずつ増えていき「40万円超~50万円以下」で10,000円に設定されてます。 オリックス銀行は「30万円以下」なら7,000円、「30万円超50万円以下」で10,000円となってます。

他行と比べると、50万以下の返済額が一括り(ひとくくり)にされてしまってる点が若干気になるところです。

約定返済時のお借入残高 約定返済金額
1万円未満の場合 約定返済時のお利息金額とお借入残高の合計額(ただし、1万円を上限とします。)
50万円以下 10,000円
50万円超 100万円以下 15,000円
100万円超 150万円以下 20,000円
150万円超 200万円以下 25,000円
200万円超 250万円以下 30,000円
250万円超 300万円以下 35,000円
300万円超 350万円以下 40,000円
350万円超 400万円以下 45,000円
400万円超 450万円以下 50,000円
450万円超 500万円以下 55,000円
500万円超 600万円以下 60,000円
600万円超 700万円以下 65,000円
700万円超 800万円以下 70,000円

100万円を1ヶ月借りた場合の返済シュミレーションの画像

発行カードについて

ローンカードの画像

「ローン専用カード」かすでにお持ちの「普通預金キャッシュカード※」から選ぶことが可能です。 ※本カードローンの返済用預金口座にご指定いただく普通預金キャッシュカードです。

三井住友銀行普通預金口座をお持ちでなく三井住友銀行口座を作らないでカードローンのみの利用の場合は「ローン専用カード」の発行となります。 ※口座を作らない場合はインターネットバンキング(SMBCダイレクト)によるネットからの借入・返済、三井住友銀行普通口座からローン口座への口座振替による返済はご利用出来ません。

口座をお持ちの方はお手持ちのキャッシュカードをそのまま利用する場合(インターネットダイレクトより申し込み限定)とキャッシュカードとは別にローン専用カードを発行することも可能です。 ローン専用カードはあとで窓口でキャッシュカード兼用型に変更することも出来ます。

ですので三井住友銀行預金普通口座をお持ちでなく兼用型にしたいけど急ぎの場合は、カードローンのみ申し込みを先にしてローン専用カード発行しローン口座のみ開設、そのあとに普通預金口座を開設して窓口でキャッシュカードでカードローンを利用できるように手続きするという方法もあります。 ※普通預金口座を開設してキャッシュカードが届くまでに約1週間から10日掛かるため ※SMBCは平日夕方・土曜日でも口座開設が可能です

詳しくはhttp://www.smbc.co.jp/kojin/acmkouza/?aff=a2l4py0000
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.